Booking.comを利用して日本の都市から都市へと移動しました。

7月の豪雨におきまして、被災地および周辺地域の被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。1日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。

更新まで日数があいてしまいました。先月末に無事に家族3人揃ってインドから日本へ到着することができました。台風や大雨洪水で移動が大変でしたが、皆様は大丈夫でしたでしょうか?移動は大変でしたが、インドで手に入らなかった食材や温泉につかったりして静養したいと思います。

今回の帰国は、赤ちゃんがいるので直便で成田空港に到着した後、ジリジリ大阪方面に移動したのですが、今回はBooking.comという宿の予約サイトを利用しました。

下の写真は、名古屋で宿泊した宿 レッドプラネット 名古屋 錦 です。泊まった部屋にはバスタブがないのですが、もともとあまり湯船に入らない方なので、特に問題はありませんでした。天井からシャワーが出る仕組みがあって、大雨に打たれているような新感覚で面白かったです。

難点は枕が高すぎて翌朝首が痛かったことと、部屋の窓が開けられないので、閉じ込められた感が苦手な方には居心地が悪いかもしれません。部屋は隅々まで掃除が行き届いていました。

ジーアールホテル江坂(大阪)
掲載されている写真のように広くなく、船旅や列車の小さな個室に入るような気分で、家族3人には狭すぎました。掃除はあまり行き届いていませんでしたが、最上階の大浴場を利用すればコスパは悪くないかもしれません。大浴場のあるAPAホテルや自炊可能なマイステイズと同じ価格帯なので、個人的にはAPAやマイステイズの方がオススメです。ただ、狭すぎるだけのシングルベッドだと思っていたら、スイッチで上下に移動して天井まで上がるのは知恵があって笑えました。ベッドの下にスーツケースを置いて、その都度必要な荷物の出し入れをするために作られているようです。

ホテルマイステイズ浅草橋(東京)
簡易キッチン付きの台所で、必要な食器や調理器具は揃っていましたので、インド料理を作ってみました。ホテルの前にあるスーパーマーケットで食材を買い、しっかりとした火力でロティまで焼けてしまいました。1階のフロントに無料で使える洗濯機が3台あります。

EX 心斎橋アパートメント 1204 (大阪)
Booking.comでは民泊、アパートメントタイプの部屋も取り扱っています。ウィークリーマンションは去年の帰国で利用したのですが、ウィークリーマンションでも賃貸契約書や保証人が必要で、海外から帰国する立場の身として手続きが煩雑なんですよね。帰国したらすぐに部屋に入りたいのに書類の提出や審査があるのでインド暮らしのちょっとゆるい生活をしている人には、煩わしいんです。

こちらのBooking.comでは、賃貸契約書や保証人が必要なく、清掃費用も5800円で安くすみました。だいたい大阪府のウィークリーマンションではチェックアウトした後の清掃費用は最低1万円から2万円はしますし、管理費用や光熱費、台所用品や追加の寝具も別途請求がきます。家にいるような滞在がしたい人、分かりやすい会計と予約手続きが欲しい人にとっては、Booking.comはリーズナブルで利用しやすいじゃないかなと思います。

宿の検索方法のポイント

パソコンで検索する場合、左側に絞り込み検索機能があります。事細かく希望する項目を設定できます。
大阪市内で検索すると「キッチン/簡易キッチン」、「自炊」、「アパートメント」の検索結果も沢山ヒットしました。


今回の反省点は、急に予定が変更することが度々あったので次回利用することがあれば「キャンセル無料」という項目にチェックを入れたいと思います。


また、バリアフリーについても絞り込み検索で分類されているところは、親切です。大荷物で赤ちゃんもいたので、フロントへの入り口が階段しかない宿は、少々苦労しました。


Booking.com
を初めてご利用になる方は、以下の紹介リンクよりご予約に進まれますと、700Rs割引されます

https://www.booking.com/s/52_6/fa9b3342

日本語でインターネットを見る方が多いのですが、何故か円でなくインドルピー表記なんですよね(^^;)700RSはだいたい1100-1200円ぐらいのお値引きです。(2018年7月14日現在1ルピーが1,64円)

さらに会員登録後、お友達にもシェアをされると最大で7000Rs分のBooking.comで使えるポイントプレゼント特典があります。(先着10名様までとなりますので、ご利用検討されている方はお早めにどうぞ!)

Follow me!